引越しの豆知識【キャンセル料金が発生するタイミングに注意】

ダンボール

見積もりを取って節約する

引越しをする時にまず取り組むことは、引越し料金を一括で見積もりして、その見積もりを比較して選ぶことです。比較をすることでそのサービス内容などもわかるし、実際に見に来てもらってより詳しい料金を知ることもできるようになります。

女性

挨拶に持って行く品物

引越しの挨拶には簡単な品物を用意していく必要があります。品物は洗剤、お菓子、タオルなど色んなものがありますが、相場は決まっています。最近では挨拶用のプチギフトも販売されているので簡単に準備できるでしょう。

軍手とガムテープ

用途に合わせたプラン

学生の新たな生活に向けて、引越しが必要になった場合、地元で荷物をそろえてから現地に運び込むという方法があります。引越し業者は、工数管理をしており、事前に相談しておけば、費用面、手間の両面から見て、より効率的な引越しをすることができます。

電卓とトラックの模型

料金が高くなる原因とは

見積もりを出してみたら意外にも引越し料金が高くついたというケースは少なくありません。仕方がないとそのまま契約してしまうのではなく、削れる部分を把握して、引越し料金を安くすることを考えた方がいいでしょう。

男女

フリー便で料金が安くなる

引っ越す時間にこだわりがないのなら時間指定をしないで引越業者に依頼するといいでしょう。時間指定しない便を一般的にフリー便といいます。フリー便で業者の都合に合わせることによって、時間指定をするよりも安く引越しができます。

業者との契約前に確認

ダンボール

確認ポイントはどこ

引越し各業者の見積りを比較して、「いざ契約だ」という方に事前に確認しておきたいことがあります。それは「追加費用」「荷物の破損・紛失の補償」「キャンセル料金」です。こうした引越し料金の基礎知識を知らないまま契約をすると、後になって余計な出費や損害に悩まされることもあるので注意しましょう。まず追加費用に関して、基本的には業者の勝手な判断により正式な見積り額が変更されることはないので、トラブルがない限りは見積り額より多く請求されることはありません。しかし、依頼者のミスによって追加費用が発生することがあります。依頼者のミスには例えば、梱包資材が足りなくなってしまった、梱包が間に合わず業者を待たせてしまった、通路から荷物が運べずクレーンを使用しなくてはいけなかったなどがあげられます。荷物の破損・紛失に関する補償は各社で変わるので事前に確認が必要ですが、いずれにしても引越し後3か月以内でないと補償期間が切れてしまいます。そのため、できるだけ当日に荷物と家の破損状況を確認しておくことが重要です。急遽予定が変わって引越しをキャンセルする場合、キャンセル料金が発生するタイミングに注意しましょう。規定では「前日は見積りの10%」「当日は見積りの20%」としており、それ以前のキャンセルには料金は発生しません。また、無料で受け取った梱包資材は買取り、レンタルした梱包資材は返却するため、レンタルの方が損がありません。

株式会社サカイ引越センター

引越しするなら日取りが肝心です!こちらのサイトでオトクに見積もり依頼ができるかもしれません。

Copyright© 2019 引越しの豆知識【キャンセル料金が発生するタイミングに注意】 All Rights Reserved.