引越しの豆知識【キャンセル料金が発生するタイミングに注意】

料金が高くなる原因とは

電卓とトラックの模型

削れるポイントはどこ

引越し料金は単身なら4万円〜5万円、2世帯なら7万円〜8万円、家族なら9万円〜10万円ほどが相場となっています。もちろん同じ世帯でも荷物の量や引っ越す距離などによって一概ではないので、あくまで目安です。ただ、これを参考にして、見積もり料金が相場よりも高いと思ったら費用を削り、無駄なお金をかけることない引越しを考えるのがいいでしょう。引越し料金は「基礎運賃+実費+オプション」で算出されていますが、このうち削れるのは実費における梱包資材費や人件費などです。梱包資材は自分で用意することも業者に手配してもらうこともできます。業者に手配してもらう場合は買取りまたはレンタルのいずれかになりますが、引越し専用の資材となっているので自分で用意する資材よりも高くつくのが一般的です。食器などの運搬にどうしても専用資材が使いたい場合は、その分の資材だけ手配してもらうのがおすすめです。また、荷造りや荷解きは基本的に自分達で行うことで人件費を削減できます。荷物の搬出・搬入、大型家具や家電の梱包・設置は業者にお任せすることになりますが、細かい荷物は自分達で作業するといいでしょう。不用品の処分も業者に依頼すれば行ってくれますが、自分達で粗大ゴミに出したり、リサイクルショップを活用して売ったり小まめに処分していくことで不用品回収費用もかかりません。「自分でできることは自分でやる」、これが引越し料金を削減する方法です。

Copyright© 2019 引越しの豆知識【キャンセル料金が発生するタイミングに注意】 All Rights Reserved.